施術方法の特徴

  • 管理人
  • 2018-05-05
  • 未分類
  • 施術方法の特徴 はコメントを受け付けていません。

脂肪吸引というと、失敗すると不自然なボディラインになってしまうのではないかという不安をお持ちの方もいらっしゃると思います。何となく痛そうなイメージもあり、なかなかチャレンジできないという声も聞かれます。実際の施術方法には、どのような特徴があるのでしょうか。

手術ベイザー脂肪吸引の特徴とは、まず、ベイザー波と呼ばれる振動エネルギーを照射することで、周辺の神経や血管、繊維などを傷つけることなく脂肪細胞を液状化できる点です。通常の脂肪吸引では、筋肉と皮膚をつなぐ皮下脂肪層の組織が傷ついてしまい、吸引したあと皮膚が凸凹になる恐れがありましたが、ベイザー波を用いると脂肪細胞のみを液状化することが可能なため、肌の引き締め効果が期待できます。

また、刃のないカニューレと呼ばれる吸引口で吸引するため、施術後のむくみや内出血が比較的少なく、身体に負担が少ないというメリットもあります。周辺組織へのダメージが少ないため、皮下脂肪の浅い層から深い層までバランスよく吸引することができ、メリハリのある美しいボディラインに仕上げることが可能です。

従来の施術に比べて、手術時間が短いのも特徴です。このように、ベイザー脂肪吸引の施術方法には、身体的負担を減らし、自由自在なボディデザインを可能にするという、未経験者にも安心な特徴があるということを、是非知っていただきたいと思います。

<推奨リンク>湘南美容外科クリニック 大阪心斎橋院